イギリス

ファンタジー

ネタバレ/感想『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の鑑定結果【一気にホラー色の増した魔法シリーズ転換期】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 』です。過去2作以上に物語のダークサイドな部分とキャラクターが目立ち、しっとりとしたホラー要素の強さは、本作のイメージカラーを「黒を帯びた青」と表現すれば分かりやすい。
ファンタジー

ネタバレ/感想『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の鑑定結果【手に汗握るアドベンチャーと、クモとヘビ!】

Jing-Fu Jing-Fu みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『ハリー・ポッターと秘密の部屋』です。魔法ファンタジーの傑作『賢者の石』に続く、ハリー・ポッターシリーズの第2作目。 空飛ぶ車のチェイスやクィディッチでの熾烈なほうきデッドヒートなど、スリリングなアクションが増えているが、何より冒険心というかアドベンチャー要素がシリーズ中で最も色濃いため、世代を問わず男子が興奮しそうな作風であることは固い。
ファンタジー

ネタバレ/感想/考察『ハリー・ポッターと賢者の石』の鑑定結果【子供をスクリーンに惹き込む魔法の力とは】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『ハリー・ポッターと賢者の石』です。イギリスの児童文学を原作とした、魔法ファンタジーシリーズの記念すべき第1作目の作品でもあり、同ジャンルの代表作でもある。映し出される魔法界の日常は、不思議で可笑しく、そしてちょっぴり怖くもあり、難しいことを考えずともとにかく観ているだけで五感に響く楽しさがあるんですよね。
パニック

一部ネタバレ/感想『海底47m』の鑑定結果【窒息と閉鎖の迷惑オプション付きシャークケージダイビング】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『海底47m』です。 海中のサメを間近で見るスリル満点のケージダイビングを楽しんでいた姉妹が、不慮の事故で海底47メートルへと落下。 薄暗く不気味な海底で窒息攻め 閉鎖攻め サメ攻めの迷惑すぎるオプションに苦しめられる姉妹を描いたパニックムービー。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました