エメラルド映画(☆8)

SF

【ネタバレ/感想/考察】『シン・ウルトラマン』の鑑定【ラストは? 怪獣は? キャストは?】

『シン・ゴジラ』の精神を継ぎ、日本が誇るSF特撮ヒーローのウルトラマンがもし令和の現代日本に現れたらどうなるかを描くSFアクション映画です。 『シン・ゴジラ』の庵野秀明と樋口真嗣が再びタッグを組んでおり、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、早見あかり、有岡大貴などのキャストが出演。
アクション

【ネタバレ/感想】『男たちの挽歌』の鑑定【アクションは? 影響は?】

それまでカンフーアクションが大多数を占めていた香港映画界に、新たにノワールアクションという新しい風潮を吹き込むきっかけとなった名作。 監督のジョン・ウー、主演のチョウ・ユンファがブレイクするきっかけとなった作品でもあり、ティ・ロンやレスリー・チャン、エミリー・チュウなど非常に豪華なキャストたちも魅力的です。 ブレイク前のあの大スターも出演!?
アクション

【ネタバレ/感想/小ネタ】映画『アンチャーテッド』の鑑定【ラストは? カメオ出演は?】

ソニー発の大人気TVゲームシリーズである冒険活劇アクション『アンチャーテッド』の実写化作品です。 隠された秘宝を巡って世界中を冒険する原作の持ち味はそのままに、主人公のネイト役にはMCUの『スパイダーマン』ことトム・ホランド、相棒のサリー役にはマーク・ウォールバーグとキャストも豪華! サプライズカメオ出演もあり!?
スポンサーリンク
アクション

【ネタバレ/感想】『DIVOC-12 死霊軍団 怒りのDIY』の鑑定【ブルース・リーと化す清野菜名ちゃん!】

コロナウィルスの影響を受けた映画人たちへ向けた支援プロジェクトのオムニバス映画『DIVOC-12』における、12本の短編の内の1作品です。 人気女優の清野菜名が主演、ゾンビ相手に力強いアクションを次々と披露するのがこの『死霊軍団 怒りのDIY』。 女子力も皆無にブルース・リーばりに拳を振るう菜名ちゃんに痺れます。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の鑑定【ラストは?】

マーベルコミックの人気ヴィランを主人公とした『ヴェノム』に続く、SFヒーローアクション映画のシリーズ2作目。 前作で唯一無二のバディとなったエディとヴェノムの前に立ちはだかる、カーネイジなる新たな脅威との衝突が描かれます。 ソニーの今後のユニバース計画が垣間見える!?
アクション

【ネタバレ/感想】映画『ヴェノム』の鑑定【アクションは? ラストは?】

スパイダーマンの宿敵として知られる人気ヴィランのヴェノムを主人公とした作品であり、ソニーがMCUとは別に独自で展開するユニバース作品の第1弾でもあります。 主演のトム・ハーディとヴェノムのクセのある掛け合いが楽しいです。 二人羽織のタッグ型アクションも見所!!
アクション

【ネタバレ/感想/考察】映画『ヘッド・ショット』の鑑定【ラストは? シラットアクションは?】

『ザ・レイド』シリーズで出世したインドネシアのアクションスター、イコ・ウワイスが主演のアクション・サスペンスです。 『ザ・レイド』とはまた異なる趣の格闘シーンの連続で、インドネシアホラーの担い手であるモー・ブラザーズが監督をしているだけあって、格闘中の残酷描写にも抜かりはありません。 グロ描写は『ザ・レイド』以上!?
アクション

【ネタバレ/感想】映画『ザ・レイド』の鑑定【ラストは? シラットアクションは?】

インドネシアの格闘技であるシラットがテーマのアクション映画です。 物珍しくエネルギッシュ、そしてバイオレンスな格闘アクションに世界中が湧き、主演のイコ・ウワイス、共演のジョー・タスリムやヤヤン・ルヒアンたちの鮮烈ブレイクに繋がりました! シラットの動きを活かす特殊な立ち回りが印象的!
パニック

【ネタバレ/感想/小ネタ】『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』の鑑定【戦慄の恐竜サバイバル】

恐竜パニックの金字塔『ジュラシック・パーク』のその後を描くシリーズ2作目。 恐竜の天下となった孤島を舞台に、再び恐竜たちに襲われる人間たちのサバイバル劇が描かれます。ジェフ・ゴールドブラム演じるマルコム博士が主役、監督は前作から引き続きスティーヴン・スピルバーグが務めました。 ラストは『キング・コング』へのオマージュ?
パニック

【ネタバレ/感想/小ネタ】映画『ジュラシック・パーク』の鑑定【恐竜映画の金字塔】

マイケル・クライトンによる小説を、『ジョーズ』のスティーブン・スピルバーグ監督が映像化。 現代に蘇った恐竜たちの神秘とロマン、そしてそれらの恐怖に悲鳴をあげる人間たちを描いた恐竜モンスターパニックの名作です。 CGよりも凄いのはアニマトロニクス!?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました