エメラルド映画(☆8)

アニメ

ネタバレ/感想/考察『鬼滅の刃 無限列車編』の鑑定結果【アニメの醍醐味が極限に詰め込まれた活劇】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『鬼滅の刃 無限列車編』です。 劇場公開から3日間だけでそれまでの邦画劇場アニメの築いてきた記録を軽く超えてしまった本作は、もはやメガヒットという枠をも通り越して「社会現象」として受容するべき盛況っぷりを見せている。『鬼滅の刃』初心者の管理人でも、大興奮と感動で大いに楽しめた作品です。
SF

ネタバレ/感想/トリビア『E.T』の鑑定結果【子供と宇宙人の織り成すエモーショナルな友情】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 スピルバーグ監督が贈る、少年と宇宙人の交流を描く藤子・F・不二雄チックなSFの不朽の名作が、なんと25年ぶりに金曜ロードショーで地上波放送されます、めでたい! 主人公2人の喜びと悲しみ、キャラクターたちのあらゆる感情がこれほどまでにダイレクトに心を揺さぶる作品はそうそうありません。
アクション

ネタバレ/感想:『ドラゴンへの道』の鑑定結果【ブルース・リーの最強無双ラッシュ】

みなさんこんにちは!管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『ドラゴンへの道』です。 ブルース・リーの代表作となると、世間一般的には『燃えよドラゴン』が挙げられているけど、管理人の中ではブルースの代表作、そして最高傑作は問答無用で本作だ!本作はブルース主演作品の中で「最もブルースが強い映画」であり、次々とギャングたちを無双していくその雄姿は、素直にかっこいいの一言に尽きる。
SF

一部ネタバレ/感想/伏線/小ネタ:『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』の鑑定結果【シリーズの最後を飾る、未来へのメッセージ】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの第3作目にして最終作である本作では、長かったマーティの時間旅行がついに完結します。 今回の舞台は、前作のラストでドクが飛ばされてしまった、1985年から遡ること100年前である1885年のアメリカ。俗に言う西部開拓時代を舞台に、マーティとドクのドタバタ劇とドラマを描きます。
SF

一部ネタバレ/感想/伏線/小ネタ:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の鑑定結果【あらゆるエンタメ要素が溢れる名作】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。 SF映画の金字塔に留まらず、あらゆる映画の中でも名作中の名作である本作。 今さら管理人が褒めちぎるまでもない作品ですが、この度金曜ロードショーで地上波放送されるとのことで、今回改めて鑑定をしてみようと思います!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました