日本

アニメ

【ネタバレ/感想/考察】『竜とそばかすの姫』の鑑定【歌は? ラストは? 美女と野獣がモチーフ?】

『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』などでお馴染みの、細田守監督による最新アニメ作品です。 現実性と近未来性の両方を兼ね備えた仮想世界の「U」と現実を舞台に、過去の喪失感から抜け出せない少女の再生と愛情を描く、人間の成長がテーマとなっています。 それと同時に、世界で更なる普及を進めるインターネットの素晴らしさと危険性の両方を曝け出しているのも特徴でした。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

南勝久による人気漫画を実写化したアクションコメディ『ザ・ファブル』の続編。「誰も殺してはいけない」という制約がある中、休業中の殺し屋であるファブルの新たな交流と闘いが描かれます。主演の岡田准一を筆頭に、木村文乃や山本美月、佐藤二朗らが続投。さらに平手友梨奈や安藤政信、そして堤真一といった実力派たちも参戦して物語も盛り上げます。今回のアクションはハンパじゃないです・・・!
アクション

【ネタバレ/感想/考察】映画『ザ・ファブル』の鑑定【アクションシーンについて解説してみました】

南勝久による週刊ヤングマガジンで連載中の人気漫画を原作に、V6のメンバーで日本映画界きってのアクション人である岡田准一を主演に迎えた実写化作品。 「絶対に殺してはいけない」という制限を設けられた、日本の裏社会で最強と呼ばれる殺し屋「ファブル」の、普通に励む日常と闘いを描くコメディ・アクションです。 岡田准一のアクションはエネルギッシュな熱量を帯びています!
スポンサーリンク
ラブロマンス

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の鑑定【ラストの意味は?】

実写版『るろ剣』シリーズの第5作目にして最後を飾る本作は、原作でいう『追憶編』がベースとなっており、佐藤健が演じる剣心が「不殺の誓い」を立てるまでの経緯、すなわち1作目よりも以前の出来事が描かれます。これまでのシリーズが築いてきたスタイルから手の平を返した、異質的な作風も特徴。 十字傷と別れに込められた意味とは・・・?
コメディ

【ネタバレ/感想】映画『地獄の花園』の鑑定【豪華キャストによるOLアクション】

お笑いタレントとしてマルチな才能を生み出し続けるバカリズムが脚本を勤めた、日本の企業に務めるOLたちの仁義なき派閥争いを描くコメディアクション作品。そんな『地獄の花園』のネタバレを明かしながら、感想と考察を鑑定していきますね。出演陣も豪華で、永野芽郁ちゃんも広瀬アリスも、みんな体を張ったアクションに挑戦してます!!
スリラー

【ネタバレ/感想】:映画『ダウンレンジ』の鑑定【衝撃のラスト37秒とは】

北村龍平監督による、日米合作作品です。アメリカの荒野で謎のスナイパーに襲われる若者6人の悲劇が描かれています。そんな『ダウンレンジ』のネタバレを明かしながら、感想と考察を鑑定していきますね。「衝撃のラスト37秒」の宣伝通り、ラストは中々衝撃的・・・!?
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 最終章 The Final』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

さらに高みを目指したアクションのレベルの高さは、もはや言わずもがなで、シリーズのオールスターが揃い、今まで実写シリーズが築いてきたアクションを存分に暴発させてくれる。「これぞ『るろうに剣心』」と呼ぶに相応しい、集大成的なアクションの数々が詰まっています。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 伝説の最期編』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

日本が誇る剣劇アクションは衰えを知らず、新たな動き、新たな対戦構図、原作キャラ夢の対戦カードなど、ファンを唸らせるアクションが目白押し。ラストに控える空前絶後の4対1のバトルシーンは、後世に語られ続けていくであろう、「伝説」的なアクションになっています。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 京都大火編』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

前作で邦画最高峰と称されたアクションの迫力と見応えは倍増していて文句の付け所がない。前作に引き続きアクション監督を務める谷垣健治 氏によって構築された、今までに観たことがない変幻自在のアクションに圧倒されること間違いなし。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】実写版『るろうに剣心』の鑑定結果【アクションシーンを解説してみました】

本作最大のアピールポイントとなっているのが、観る者を圧倒する壮絶なアクションの数々。その迫力とスピード感は、それまでの時代劇ソードアクションの在り方を変えてしまっただけでなく、数ある邦画アクション映画の中でトップクラスに君臨すると断言できるレベルです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました