谷垣健治

アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 最終章 The Final』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

さらに高みを目指したアクションのレベルの高さは、もはや言わずもがなで、シリーズのオールスターが揃い、今まで実写シリーズが築いてきたアクションを存分に暴発させてくれる。「これぞ『るろうに剣心』」と呼ぶに相応しい、集大成的なアクションの数々が詰まっています。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 伝説の最期編』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

日本が誇る剣劇アクションは衰えを知らず、新たな動き、新たな対戦構図、原作キャラ夢の対戦カードなど、ファンを唸らせるアクションが目白押し。ラストに控える空前絶後の4対1のバトルシーンは、後世に語られ続けていくであろう、「伝説」的なアクションになっています。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】『るろうに剣心 京都大火編』の鑑定【アクションシーンを解説してみました】

前作で邦画最高峰と称されたアクションの迫力と見応えは倍増していて文句の付け所がない。前作に引き続きアクション監督を務める谷垣健治 氏によって構築された、今までに観たことがない変幻自在のアクションに圧倒されること間違いなし。
アクション

【ネタバレ/感想/考察】実写版『るろうに剣心』の鑑定結果【アクションシーンを解説してみました】

本作最大のアピールポイントとなっているのが、観る者を圧倒する壮絶なアクションの数々。その迫力とスピード感は、それまでの時代劇ソードアクションの在り方を変えてしまっただけでなく、数ある邦画アクション映画の中でトップクラスに君臨すると断言できるレベルです。
アクション

ネタバレ/感想/考察『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』の鑑定結果【脂肪遊戯!太ったドニーさんが東京で大暴れ!】

Jing-Fu みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』です。 日本を舞台に、デブになったドニー・イェンが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました