ドラマ

ネタバレ/感想『クライマーズ』の鑑定結果【ジャッキー・チェンも友情出演!中国登山隊の目まぐるしい挑戦】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『クライマーズ』です。 無謀と言われていた北稜からのチョモランマ登頂に挑んだ中国登山隊の実話をベースに描かれるドラマチック・アクション作品です。 主演は中華圏を代表するスターに成長したウー・ジン。そして友情出演としてジャッキー・チェンも顔を出しており、現代と過去を繋ぐ重要な役柄を担当しています。
パニック

ネタバレ/感想/考察『クロール 凶暴領域』の鑑定結果【床下のワニワニパニック】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『クロール 凶暴領域』です。 アレクサンドル・アジャ監督は本作を撮影するにあたり「ワニ映画の『ジョーズ』を作ろう!」と、まるでサメ映画を牽制するかのような意気込みを見せていたらしい。 その情熱通り、本作ではワニの恐ろしさを着飾らない堅実なホラー演出で魅せていて、スリリングなパニック劇に仕上がっていました。
アクション

ネタバレ/感想/考察/小ネタ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の鑑定結果【ハイになる準備はできてるか!?】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。 エンジン最大出力!スーパーハイテンション!アドレナリン大放出! アクションもドラマも映像も演出も音楽も、映画に求めるすべてがマッドで最高峰の盛り上がりを見せるSFアクションの傑作です!
スポンサーリンク
SF

ネタバレ/感想『プレデター』の鑑定結果【異星人映画の隙間を突いた新感覚SFアクション】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『プレデター』です。アクションスターのアーノルド・シュワルツェネッガー主演の本格的コマンドーアクション映画かと思いきや、物語の中盤から状況が一変し、プロの兵士たちが1人1人、謎の存在に狩られていくスリラーへと方向転換していくジャンルの妙がたまらない。
ホラー

ネタバレ/感想『コンジアム』の鑑定結果【韓国最恐の心霊スポットで悲鳴を上げるYotuberたち】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『コンジアム』です。 韓国に実在する心霊スポットの「コンジアム精神病院」を舞台に、youtubeチャンネル用のライブ動画撮影に来た若者たちが怪奇現象と対面する様子を描いた韓国産のホラー作品。 生配信ならではの没入感、多様的なカメラを使用した映像演出、アジア特有の湿り気のある恐怖を体感できることは間違いなし。
パニック

ネタバレ/感想『MEG・ザ・モンスター』の鑑定結果【ステイサムと巨大サメの一騎打ち!】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『MEG・ザ・モンスター』です。人気アクションスターのジェイソン・ステイサムが、人外の超巨大サメと闘いを繰り広げる海洋パニックアクション超大作。もはや人類に敵なしとしたステイサムが、自然界の最強生物サメに闘いを挑むという設定だけでも、十分酒の肴になるほどの夢の企画なのである。
パニック

ネタバレ/感想:『アナコンダ』の鑑定結果【ヘビ映画のジョーズ】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『アナコンダ』です。 アマゾンのジャングルに足を踏み入れ、そこで巨大な人喰いヘビのアナコンダに襲われる撮影クルーたちの悲劇を描いたモンスターパニック映画。 ヘビの恐怖をテーマとしたパニック作品、そしていちモンスターパニック映画として手堅くエンジョイすることができる作品ではないだろうか。
アクション

ネタバレ/感想:『ドラゴンへの道』の鑑定結果【ブルース・リーの最強無双ラッシュ】

みなさんこんにちは!管理人のJing-Fuです。 今回鑑定をするのは『ドラゴンへの道』です。 ブルース・リーの代表作となると、世間一般的には『燃えよドラゴン』が挙げられているけど、管理人の中ではブルースの代表作、そして最高傑作は問答無用で本作だ!本作はブルース主演作品の中で「最もブルースが強い映画」であり、次々とギャングたちを無双していくその雄姿は、素直にかっこいいの一言に尽きる。
パニック

一部ネタバレ/感想『海底47m』の鑑定結果【窒息と閉鎖の迷惑オプション付きシャークケージダイビング】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『海底47m』です。 海中のサメを間近で見るスリル満点のケージダイビングを楽しんでいた姉妹が、不慮の事故で海底47メートルへと落下。 薄暗く不気味な海底で窒息攻め 閉鎖攻め サメ攻めの迷惑すぎるオプションに苦しめられる姉妹を描いたパニックムービー。
スリラー

一部ネタバレ/感想:『悪人伝』の鑑定結果【刺した相手が実はマ・ドンソクだった!!!】

みなさんこんにちは! 管理人のJing-Fuです。今回鑑定をするのは『悪人伝』です。次々と新作を放出する旬の韓国スター、マ・ドンソクの新作。絶対に手を出してはいけない凶暴なヤクザと、武井壮を水で2割薄めたような荒くれ刑事が手を組み、共通の敵である謎の殺人鬼を追うことになる韓国産のバイオレンス・クライムアクション作品だ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました